掛軸・額 表装 修復

株式会社 五番館

HOME会社概要業務案内表装Q&Aアクセスお問い合せブログ


美しい四季に培われた日本文化を、掛け軸という形で表現出来る幸せ…
伝統を守り伝えていく表装の工房をご案内します。


              
        愛媛の寺院様で永々と300年の時を過ごした青不動尊
        損傷がピークに達し、先の100年に繋げるため4度目の表装です。

インフォメーション














   本紙の剥離(はくり)が進みパラパラと落ちてくる状態。 















――――――――――――――――――――――――――――――







  

   糊の分解 汚れを何度も水出し 湯洗い







――――――――――――――――――――――――――――――







   解体 前回、前々回の かすがい(つなぎ) を外す。








――――――――――――――――――――――――――――――







   新しく正しい位置に かすがい を入れる。








――――――――――――――――――――――――――――――







   総裏(三度目の裏打ち) 吉野寒漉き小判和紙








――――――――――――――――――――――――――――――















   貼り込み 約30日寝かせる。















――――――――――――――――――――――――――――――


   一文字、中廻し及び風帯

      /合金欄

  外 縁/筋紬

  軸 頭/透かし金具

  桐 箱/太巻き芯付き

  裏打ち/土佐、吉野和紙3枚裏

  仕上がり寸法 2m×60cm








 古書画の修復は、技術者にしか解からない先人の技に出会い

 感動する事があります。

 その技と感性が理解でき、かつその技を持った技術者が残念ながら

 なかなか育っていないのが現状です。

 私もまた先人を知り、100年後の世代に伝え誇れる修復を施します。

 この技を理解出来る人が、たとえ僅かでも未来にいる事を祈りながら・・・

インフォメーション


Copyright (C) 株式会社 五番館 All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt