柴犬係長リュウゾウ

記事一覧(10)

五番館へのご依頼方法② 納経軸の表装

こんにちは。五番館の池田です。先日より、広島県のお客様より納経軸表装のご依頼を頂いております。さて、前回ではお客様より裂地が決まったとのご連絡を頂きましたので、早速、納経軸の裏打ちから表装の作業を進めていきます。基本的な流れは...1. 納経軸の裏打ち(1回目の裏打ち)2. 裂地を納経軸に継いでいく3. 中裏打ち(2回目の裏打ち)4. 耳切り(裂地の縁の部分を切り揃えて折り返す)5. 総裏打ち(3回目の裏打ち)6. 仕上げ(天地の棒や飾りを取り付ける)7. 最終仕上げ(風帯を取り付ける)8. 桐箱に収納する9. お客様へご連絡してお渡し、です。順調に作業を進めておおよそ1ヶ月程度で完成します。法要などでのご使用の予定などでお急ぎの場合には、出来るだけ間に合うように努力致しますので遠慮なくご相談下さい。皆さんよくご心配されるのですが、急いだからといって、通常納期の表装と遜色はありません。時間をかけなければいけない箇所は短縮する事は出来ません。短縮出来るのは、本来であれば他のお客様のご依頼分と同時進行する工程を単独で次の工程へ進めたり、桐箱の手配を事前にしておく、くらいです。ですので実際にはそんなに早く出来上がる事は無いのですね。そこは五番館のこだわりですのでご安心下さい。作業が進みスジ廻しという白と紺のラインが入りました。