掛軸表装 般若波羅蜜多心經 三段表装仕立て


こんにちは。五番館の池田です。


今回は台湾の書家、張炳煌氏の書を表装させて頂きました。

台湾書道界の第一人者で台湾、日本でもとてもご活躍ですね。


全紙サイズの掛軸は掛ける場所が限られますが、

今回のお客様は事前に床の間のサイズを教えて頂きましたので、

ジャストサイズでの表装が実現しました。


とはいいましても、通常、掛軸は1850㎜〜1950㎜程度ですので、

一般的な住宅の床の間や廊下のスペースでしたら十分に掛ける事ができます。


問題なのはお寺や展示会などの、天井の高い場所での展示を目的に制作されたものです。

自宅へ持ち帰り掛けようとしたところ、長過ぎて掛からないという事もあります。

そういった場合は掛軸の天地部分などをカットし、一般的な長さへ短縮します。



前置きが長くなってしまいました。





般若波羅蜜多心経です。

今回は敢えて本佛表装ではなく、押し出しの強くないイメージでの表装です。



正絹の裂地を使用し、とても綺麗に仕上がっております。

どこに掛けても、どなた見られても納得されると思います。



長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。

※三枚裏とは

まず本紙(納経軸)に対しての裏打ち、その後、裂地を継いだ状態での中裏打ち、

最終の総裏打ちの、合計3回の裏打ちを施します。




五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


表装、額装、修復の五番館

工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

五番館

掛軸 額 巻物 表装 額装 修復

0コメント

  • 1000 / 1000