掛軸表装 四国八十八ヶ所 本佛表装仕立て 正絹丸龍


こんにちは。五番館の池田です。 


今回は県内のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。



納経軸は四国八十八ヶ所、阿弥陀如来 坐像になります。

阿弥陀如来の特徴としましては、人差し指と親指で輪を作る印相(いんぞう)です。

こちらは来迎印 (らいごういん)ですね。


正絹 丸龍柄  /  白茶小花  /  時代色金軸



今回はお客様にご来社頂き、数回の打ち合わせにてこだわりのオーダーを頂きました。

その内容を少しご紹介します。


まず、納経軸の周りを囲むスジ廻しを、好みのお色へ変更します。

ご指定がない場合には、内側は紺色、外側は薄い水色で進めますが、

内側を朱色、外側を白色へと変更しました。


いつも通りの、どこを見ても歪みなく、繊細、均一なスジ廻しです。



大きめの柄であり、また龍という生き物ですので、柄が途中で切れないように

各場所での調整をします。

天の裂地(きれじ)、地の裂地のつなぎ目、柱の裂地のつなぎ目で

柄が大きく切れていないのがわかりますでしょうか。


また、納経軸の上下の一文字は正絹本金を使用。

こちらも左右で花柄が切れないように調整しました。


この調整作業には大きめの材料を使用し、時間をかけて行います。



風帯は手絎け(てくけ)、裏裂地同色仕様で、縫い目が外に出ないように縫い合わせます。

この作業により、風帯を折り曲げた際に、よりしなやかな動きになります。



裂地に合わせて時代色金軸を使用。



掛軸の裏側は注目してみることは少ないのですが、

ここにもこだわりがあります。


表の裂地によって色は違うのですが、このグレーの上巻(うわまき)は

掛軸を巻いた際に汚れなどから本体を守る為のものです。

最近ではコストの関係から人口の絹を使用されたりする場合が多いのですが、

やはり風合いの違いが顕著ですので、五番館では本来の掛軸表装に使用する

薄い絹を使用しています。



こちらは軸助けです。上巻と同じ絹で、補強であり荷重を分散します。

計算された大きさでさりげなく付いています。



最後は桐箱に収納してお渡しします。

箱書きは無料ですのでお気軽にご相談ください。



今回の表装のご案内


正絹 丸龍

八十八箇所サイズ 110,000円

三十三箇所サイズ 105,000円

(税別、送料別)

にて表装させて頂いております。


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。


標準では本金厚口金軸を取付けさせて頂いております。

軸頭(じくがしら)と八双金具(はっそうかなぐ)を今回ご紹介の、

時代色金軸に変更の場合、 表装料金に+2,500円(税別)です。

納経軸表装の装飾品についてはこちらのページにて解説しております。


ご紹介のスジ廻しのお色変更、風帯手絎け(てくけ)裏裂地同色仕様、

一文字裂地ランクアップ、裂地柄合わせは、全ての作業を行って+10,000円(税別)です。



高級天柾桐箱(タトウ付き) 

箱書き無料

八十八箇所サイズ 9,300円

三十三箇所サイズ 8,300円

(税別)



また、桐箱は必要ないとのお声も頂きますので、

その場合は掛軸収納に適した紙箱に入れてお渡しとなります。



あらゆる箇所にこだわった、家宝に相応しい表装です。

五番館の納経軸表装へのこだわりについては、こちらのページにてご紹介しております。

こういった、こだわりのものを作りたいというご要望に、

五番館は全力で協力させていただきます。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000