掛軸表装 西国三十三ヶ所 本佛表装仕立て 準金蓮華

こんにちは。五番館の池田です。


今回は県内のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。



納経軸は西国三十三ヶ所、白衣観音(びゃくえかんのん)です。 


刺繍の納経軸の表装には、印刷や手書きのものより技が必要となります。

浮いたりする事の無いようにしっかりと処理します。


準金 蓮華  /  富田雲赤   /  透かし本金厚口金軸(黒)


宗派を問わず使用出来る柄であり、最もご依頼の多い、蓮華の裂地(きれじ)です。

とても輝いていますので好みはありますが、紺地に箔蓮華は定番の柄ですね。

金襴の金箔は準金、アルミ箔がベースになっている金箔が織り込まれています。



どこを見ても歪みなく、繊細、均一なスジ廻しです。 

今回は内側は紺色、外側は白色になっています。

このスジ廻しの幅が均等であるかそうでないかで、表装のレベルがある程度判断出来ます。



柄は歪みがないように丁寧に調整してあります。

赤色の富田雲の下の蓮華柄が、横一列に真っ直ぐに揃っているのが

お分かり頂けますでしょうか。

一見当たり前のようですが、織物の状態では自在に動く裂(きれ)のみの状態ですから

裏打ちをして最終的に真っ直ぐの状態にするのは、意外と手間が掛かっています。


職人の感覚に依る部分かと思いますが、

五番館ではこういった箇所にこだわる職人職人しかいません。



裂地(きれじ)の柄は印象良く配置。



風帯は小さいながら、見た目の繊細さを決定付ける重要な箇所です。 

特に先端の露(つゆ)は、大きすぎず小さすぎない繊細な仕上げです。



透かし本金厚口金軸(黒)




最後は桐箱(別途)に収納してお渡しします。 

箱書きは無料ですのでお気軽にご相談ください。



今回の表装裂地のご案内


準金 蓮華


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。 

あらゆる箇所にこだわった、家宝に相応しい表装です。 

五番館の納経軸表装へのこだわりについては、こちらのページにてご紹介しております。



納経軸装飾品ランクアップ



標準では本金厚口金軸を取付けさせて頂いております。 

軸頭(じくがしら)と八双金具(はっそうかなぐ)を透かし本金厚口金軸(黒)に変更。

納経軸表装の装飾品についてはこちらのページにて解説しております。



高級天柾桐箱(タトウ付き)



湿気から掛軸を守ってくれますので、高品質な桐箱に収納される事をお薦めします。

桐箱無しの場合には、掛軸収納に適した紙箱に入れてお渡しとなります。




表装、額装、修復の五番館 

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。 


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000