掛軸表装 西国三十三ヶ所 本佛表装仕立て 正絹牡丹

こんにちは。五番館の池田です。


今回は県内のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。



納経軸は西国三十三ヶ所、聖観音(しょうかんのん)です。

六観音の一尊であり左手に蓮華を持っているのが一般的です。


太字ではなく御詠歌での集印(朱印)が、白い羽衣の観音図と相性が良いですね。



正絹 牡丹  /  エンジ唐草  /  透かし本金厚口金軸(黒)


正絹(しょうけん)ならではの、きめの細かさと艶が存分にご覧頂ける裂地(きれじ)です。


観音霊場納経軸の表装の裂地(きれじ)選びで迷った際には、

中央の如来図や観音図の色使いと、裂地(きれじ)の色合いを合わせると

雰囲気良くまとまります。



どこを見ても歪みなく、繊細、均一なスジ廻しです。

今回は内側は紺色、外側は白色になっています。

このスジ廻しの幅が上下左右均等であるかどうかで完成度に違いが出てきます。



裂地(きれじ)の柄は印象良く配置。



風帯は小さいながら、見た目の繊細さを決定付ける重要な箇所。

特に先端の露(つゆ)は、大きすぎず小さすぎない繊細な仕上げです。



紐も厳選した品質の良いものを使用しています。

透かし本金厚口金軸(黒)




最後は桐箱(別途)に収納してお渡しします。

箱書きは無料ですのでお気軽にご相談ください。



今回ご紹介の表装


正絹 (二丁上遠州) 牡丹


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。 

あらゆる箇所にこだわった、家宝に相応しい表装です。

五番館の納経軸表装へのこだわりについては、こちらのページにてご紹介しております。



納経軸装飾品(軸頭と飾り)の変更



標準では本金厚口金軸を取付けさせて頂いております。 

軸頭(じくがしら)と八双金具(はっそうかなぐ)を透かし本金厚口金軸(黒)に変更。

納経軸表装の装飾品についてはこちらのページにて解説しております。



高級天柾桐(タトウ付き) 

箱書き無料



湿気から掛軸を守ってくれますので、高品質な桐箱に収納される事をお薦めします。

桐箱無しの場合には、掛軸収納に適した紙箱に入れてお渡しとなります。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000