納経軸表装の装飾品について

こんにちは。五番館の池田です。


今回は観音霊場納経軸を掛軸表装する際の、装飾品についてご案内します。



まずは軸頭(じくがしら)という最下部に付く棒の端の部分、

この部分を持って掛軸を巻いたりします。



八双(はっそう)とよばれる掛軸最上部の半月の形をした棒の端に付く

八双金具(はっそうかなぐ)は、軸頭とセットのデザインになっています。



長期の使用でも劣化が少ない、本金厚口の日本製を使用しています。


こちらが標準で取り付けているもので、蓮華と唐草が彫ってあります。


金軸(かなじく)


といいます。



デザインは上下で共通性を持たせてあります。



次は、透かし金軸(すかしかなじく)というものです。

唐草の模様がくり抜いてあり、黒色の座の部分が透けて見えます。


透かし金軸(黒)


非常に凝ったデザインですね。

金軸よりも高価なため、一般的にワンランク上の表装に使われます。



上部の八双金具(はっそうかなぐ)も同じデザインです。



お次は、先程と同じ透かし金軸なのですが、座の部分が銀色のものになります。


透かし金軸(銀)


座の部分の色味の違いですので、上部の八双金具(はっそうかなぐ)は

透かし金軸(黒)と共通です。



こちらは、燻したような、とても雰囲気のあるものです。


金軸時代色(かなじく じだいしょく)


蓮華と唐草のデザインです。



どれを付けても雰囲気が良くなるように材料を選んでいます。


基本的には金軸で十分な雰囲気が出るのですが、

選ばれた裂地(きれじ)に合わせたり、好みに合わせて選択して頂けます。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000