掛軸修理、修復の作業と手順

こんにちは。五番館の池田です。


今回は五番館で行う掛軸、額装などの修理、修復の工程をご案内します。


表装の前に本紙の状態を整える作業を行います。


作品に一つとして同じ状態のものはありませんので、今回ご紹介している作業内容が

そのまま当てはまることは稀です。

作業の順番や一つの作業に掛ける時間など、職人の長年の経験と感性で

最も適した作業を行います。



1. 作品の記録

まずは作品の現状を写真に収めたり、メモを取ったり、詳しく記録します。




2. 切り抜き

大切な本紙の部分のみを旧掛軸より切り出します。




3. クリーニング

極めて柔らかい刷毛でダメージを与えないよう十分注意して、砂や塵などの

乾いた状態で落とせる汚れを除去します。




4. 水洗い

条件が整っていれば、専用のケース内で水に浸して洗浄します。


膠などの悪影響を与えない事が判っている材料での滲み止めを施します。

雨や湿気などで紙に茶色の点々としたシミが出現している場合など

シミ抜き洗いで茶色のシミのみを除去出来ます。

さらに条件が良い場合で、本紙を綺麗にしたい場合のみ薬品を使用し洗浄します。

その後、脱酸性化処理を行い、本紙の酸性化を遅らせます。


条件が整っていない場合には、専用のテーブルで軽く水を使用しながら洗浄します。

ケース内での洗浄より洗浄力は落ちますが、何よりも状態を保つ事が優先です。




5. 剥がし

本紙から旧裏打ち紙を取り除きます。




6. 和紙裏打ち

補強のため新規に裏打ちを施します。破れや穴が開いている箇所は

このタイミングで修理します。




7. 折れ部分の補強

折れや破断があった部分に、折れ伏せと呼ばれる薄く細い和紙を貼り補強します。




8. 補彩

折れがあった部分は色が剥離していたり、擦れて消えている事が多いので

同じ色合いの塗料で色を補います。

この塗料はもう一度洗浄した際に落ちて無くなるものでなければいけません。




9. フラットニング、化粧断ち

プレス機を使用し、または専用の板に貼り込んでフラットな状態にします。

歪みが無い状態で化粧断ちをして表具の作業へと移ります。




いかがでしょうか。

相応に手間と時間が掛かりますが、修理前と後では全く見栄えが違います。

参考にして下さい。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。 

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000