掛軸表装 四国八十八ヶ所 本佛表装仕立て 準金蓮華

こんにちは。五番館の池田です。


今回は県内のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。  



納経軸は四国八十八ヶ所、釈迦如来(しゃかにょらい)です。

手を開いて胸のあたりに掲げている右手が施無畏印(せむいいん)、

対となる左手が与願印(よがんいん)。人々に安心を与え、願いを叶える表現ですね。  


準金 蓮華 / 富田雲赤 / 透かし本金厚口金軸(黒)


宗派を問わず使用出来る柄であり、最もご依頼の多い、蓮華の裂地(きれじ)です。

とても輝いていますので好みはありますが、紺地に箔蓮華は定番の柄です。

金襴の金箔は準金、アルミ箔がベースになっている金箔が織り込まれています。



どこを見ても歪みなく、繊細、均一なスジ廻しです。

今回は内側は紺色、外側は白色になっています。

このスジ廻しの幅が均等であるかそうでないかで、表装のレベルがある程度判断出来ます。  



柄は歪みがないように丁寧に調整してあります。 

赤色の富田雲の下の蓮華柄が、横一列に真っ直ぐに揃っているのがお分かり頂けますでしょうか。

一見当たり前のようですが、織物の状態では自在に動く裂(きれ)のみの状態ですから

裏打ちをして最終的に真っ直ぐの状態にするのは、意外と手間が掛かっています。

五番館ではこういった箇所にこだわる職人しかいません。



風帯は小さいながら、見た目の繊細さを決定付ける重要な箇所です。

さりげなく、目立たないように取り付けられています。



裂地の柄は印象良く配置。



透かし本金厚口金軸(黒)



掛軸の基本ですが、巻いた際に左右の巻(まき)が合っている。



納経時に墨が乾く前に巻いたりして付いてしまった墨汚れは

落とす事が出来ます。ご依頼の際にご相談下さい。



今回ご紹介の表装裂地のご案内


準金 蓮華

(じゅんきんれんげ)


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。

あらゆる箇所にこだわった、家宝に相応しい表装です。

五番館の納経軸表装へのこだわりについては、こちらのページにてご紹介しております。



納経軸装飾品(軸頭と飾り)の変更



標準では本金厚口金軸を取付けさせて頂いております。

軸頭(じくがしら)と八双金具(はっそうかなぐ)を、透かし本金厚口金軸(黒)に変更。

納経軸表装の装飾品についてはこちらのページにて解説しております。



高級天柾桐箱

(タトウ付き)箱書き無料



桐箱にも当然こだわりがあります。

選び抜かれた高品質な桐箱に収納される事をお薦めします。

桐箱無しの場合には、掛軸収納に適した紙箱に入れてお渡しとなります。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000