掛軸再表装 般若心経

こんにちは。五番館の池田です。


今回は大阪府のお客様より掛軸再表装のご依頼を頂きました。


再表装とは、古くなり掛ける事ができなくなってきたものや、

作品にシミ、汚れが付いてしまったものを、一度分解し清掃をした上で

再度、表装をやり直す作業のことを言います。


今回は個人様所有の般若心経です。


掛軸本体折れが多く、部分的にはかなり傷んでおり劣化も進んでいます。




お預かりした状態から分解し、水洗いの作業一式を施しました。



折れた部分は、本紙の裏側から折れ伏せと呼ばれる薄く細く切った和紙で補強します。

本紙の裏に施行しますので、表からはもちろん、裏から見ても目立ちません。


古いものの雰囲気がありますので、水洗いの作業を施したとしても

印象を大きく変えないようにします。



こういった時代が掛かった作品には、艶消しの軸頭が良く合います。



スジ廻しの色味や裂地の雰囲気など、実際の織物を見て選んで頂けます。

お気軽にご来社下さい。





今回ご紹介の表装のご案内


新遠州 菱紋
尺三(半切)サイズ 再表装


再表装には、旧掛軸解体、旧裏打ち紙の剥がし、水洗い、薬品洗い、脱酸性化処理、

和紙裏打ち、補筆を含みます。(状況に応じて作業内容、料金は変わります。)


大切な掛軸、作品は傷みきってしまう前に修理が必要です。

作品を拝見しお見積りしますので、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。軸頭は艶消し黒塗りを使用。

全ての材料と工程にこだわった表装です。




表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000