掛軸再表装 鶴の画

こんにちは。五番館の池田です。


今回は愛知県のお客様より掛軸再表装のご依頼を頂きました。


再表装とは、古くなり掛ける事ができなくなってきたものや、

作品にシミ、汚れが付いてしまったものを、一度分解し清掃をした上で

再度、表装をやり直す作業になります。


今回はこちらの鶴の画です。



古いものも雰囲気があって悪いものではないのですが、

やはり新しいお家とは釣り合いが取れませんね。

実際にお家のリフォームのタイミングで掛軸を修理、というお話を良く頂きます。


さて、寸法はほぼ変えずにに再表装の作業を一式、行いました。



ご要望を頂きました通り、汚れを落としすっきりしました。

シンプルな表装ですが、細かな所までこだわりが詰まっています。




さて、ここで掛軸の風帯とよばれる、上の辺りから下がっている二本の帯の

収納方法をご紹介します。


まずは付け根の所から水平に折り込むのですが、長さによっては下の画像のように

掛軸の幅より長く、巻いた際に飛び出てしまいますね。



そういった場合はもう一度付け根の所まで折り返します。



もう片方も折り畳み...



当て紙を当ててから、いつも通りに巻きます。



ポイントは余きつく巻かない事。

つい強く巻いてしまいがちですが、巻いた跡が付いてしまいます。

風帯が付いていると凸凹しますので尚更ですね。




今回ご紹介の表装のご案内


新遠州 尺三(半切) 再表装


再表装には、旧掛軸解体、旧裏打ち紙の剥がし、洗い、脱酸性化処理、

和紙裏打ち、補筆を含みます。(状況に応じて作業内容、料金は変わります。)

大切な掛軸、作品は傷みきってしまう前に修理が必要です。 

作品を拝見しお見積りしますので、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。軸頭は艶消し黒塗りを使用。 

全ての材料と工程にこだわった表装です。



表装、額装、修復の五番館


五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。

工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28


表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。 

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com

0コメント

  • 1000 / 1000