掛軸表装 四国八十八ヶ所 本佛表装仕立て 正絹槙柄

こんにちは。五番館の池田です。


今回は愛媛県のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。  



納経軸は四国八十八ヶ所、弘法大使・空海 天蓋(てんがい)付き坐像です。


四国八十八ヶ所、真言宗の開祖であり、生前は空海と名乗り

没後86年に生前の功績を評価され弘法大師の称号が贈られました。

右手に三鈷杵(さんこしょ)、左手に数珠を持ち、

手前に木履(ぼくり)と浄瓶(じょうびょう)が描かれている定番の姿です。



正絹槙柄(しょうけん まきがら) / 富田雲金灰 / 透かし本金厚口金軸(黒)


艶やかな緑の正絹の裂地で槙の木が織られています。



柄の歪みは真っ直ぐに調整済み、スジ廻しの細さは均一、と

五番館ならではの細かい箇所にも気を使った美しい仕上りとなっています。



透かし本金厚口金軸(黒)



風帯は小さいながら、見た目の繊細さを決定付ける重要な箇所です。

とても上品な仕上がりです。




今回ご紹介の表装裂地のご案内


正絹槙柄

(しょうけんまきがら)


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏、本格表装。

※三枚裏とは

まず本紙(納経軸)に対しての裏打ち、その後、裂地を継いだ状態での中裏打ち、

最終の総裏打ちの、合計3回の裏打ちを施します。


簡略された掛軸は1回〜2回の裏打ちで完成されており、耐久性や家宝としての将来性を

考慮していないものが多く存在します。


五番館ではあらゆる箇所にこだわった、家宝に相応しい表装を施します。

納経軸表装へのこだわりについては、こちらのページにてご紹介しております。




納経軸装飾品(軸頭と飾り)の変更



軸頭(じくがしら)と八双金具(はっそうかなぐ)を、透かし本金厚口金軸(黒)に変更しました。 

標準では本金厚口金軸を取付けさせて頂いておりますが、いっそうの豪華さが増します。

納経軸表装の装飾品についてはこちらのページにて解説しております。  



高級天柾桐箱 (タトウ付き)



箱書きは無料です。



厳選された高品質な桐箱に収納される事をお薦めします。




掛軸、表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。


TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com 

0コメント

  • 1000 / 1000