掛軸再表装 滝の画

こんにちは。五番館の池田です。


今回は愛知県のお客様より掛軸再表装のご依頼を頂きました。


※再表装とは 掛軸が古くなり、破損したりして掛ける事ができなくなってきたものや、 

作品にシミや汚れが付いてしまったものを、一度分解し全て清掃をした上で 再度、

表装をやり直す作業になります。 


今回はこちらの"滝の画”です。

季節の画と思われます。夏の手前に掛けておくと涼しげですね。



爽やかに流れる滝の画です。



しかし...このようなシミ汚れでは流れる水の綺麗さも伝わらないかもしれません。


全体的にシミ汚れ、右上に特徴的な汚れがあります。



各部を記録して、再表装の作業を進めます。

今回は旧掛軸から分解後、本紙の洗い(シミ抜き)、旧裏打ち紙の剥がし、

本紙への新規に和紙裏打ち、など古い本紙をきれいにする作業を一式行いました。


その後、順調に表装の作業を進め、このような仕上がりとなりました。



シミ汚れは完全に落とす事が出来ました。



写真では判りづらいのですが、本紙の白部分に僅かに薄茶色が残してあり、

真っ白になり過ぎない時代を残した仕上がり、尚かつシミ汚れは将来的にも発生しにくいよう

完全に落とし清潔感を出しています。



装飾の少ない丸表装は裂地の選択次第でモダンな雰囲気となります。

和の雰囲気が控えめですので、現代的なインテリアにも合いますね。


個人的にも好きな表装形態のひとつです。





今回ご紹介の表装のご案内


正絹 尺三幅(半切) 丸表装 再表装


再表装には、旧掛軸解体、旧裏打ち紙の剥がし、水洗い、薬品洗い、脱酸性化処理、

和紙裏打ち、補筆を含みます。(状況に応じて作業内容、料金は変わります。)


大切な掛軸、作品は傷みきってしまう前に修理をお勧めします。

作品を拝見しお見積りしますので、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏仕様。

全ての材料と工程にこだわった表装です。


表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com  

0コメント

  • 1000 / 1000