掛軸表装 四国八十八ヶ所 本佛表装仕立て 羯磨法輪

こんにちは。五番館の池田です。


今回は県内のお客様より掛軸表装のご依頼を頂きました。  



納経軸は四国八十八ヶ所、弘法大使・空海 龍の天蓋(てんがい)付き坐像です。


四国八十八ヶ所、真言宗の開祖であり、生前は空海と名乗り

没後86年に生前の功績を評価され弘法大師の称号が贈られました。

右手に三鈷杵(さんこしょ)、左手に数珠を持ち、

手前に木履(ぼくり)と浄瓶(じょうびょう)が描かれている定番の姿です。


羯磨法輪(かつまほうりん) / 富田雲赤 / 透かし本金厚口金軸(黒)


紺地に羯磨と法輪、巴(ともえ)と桐が箔金糸で織り込まれています。



柄は歪みがないように丁寧に調整してあります。

羯磨と法輪柄が、横一列に真っ直ぐに揃っているのがお分かり頂けますでしょうか。

一見当たり前のようですが、織物の状態では自在に動く裂(きれ)の状態ですから

裂地に和紙を裏打ちをし、最終的に真っ直ぐの状態となるには相応の手間が掛かっています。



風帯は小さいながら、見た目の繊細さを決定付ける重要な箇所です。

上品に取り付けられています。



歪みなく、繊細、均一なスジ廻しです。

今回は内側は紺色、外側は白色になっています。 

このスジ廻しの幅が均等であるかそうでないかで、出来映えが変わってしまいます。 



透かし本金厚口金軸(黒)



厳選された桐箱は別途ご用意致します。



湿気や害虫から掛軸を守るため、高品質な桐箱に収納される事をお薦めします。

桐箱無しの場合には、掛軸収納に適した紙箱に入れてお渡しとなります。



今回ご紹介の表装裂地のご案内


羯磨法輪(かつまほうりん)


長期の使用を想定した、和紙手打ち三枚裏、本格表装。

※三枚裏とは まず本紙(納経軸)に対しての裏打ち、その後、裂地を継いだ状態での中裏打ち、

最終の総裏打ちの、合計3回の裏打ちを施します。



五番館の掛軸に関する関する考え方、納経軸に関してはこちらでご案内しております。





表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。

TEL 058-272-0005 E-mail 5@gobankan.com 

五番館 - GOBANKAN -

掛軸 額 巻物 表装 額装 修復

0コメント

  • 1000 / 1000