和紙の風合いを生かした裏打ち

こんにちは。五番館の池田です。


今回は三重県のお客様より裏打ち作業のご依頼を頂きました。


裏打ちとは、作品の裏側へ和紙を貼付け補強する作業になります。


本紙のみの状態での保管は、破れたり劣化が早かったりしますので、

今すぐに軸装や額装をする予定が無くても裏打ちをしておく事をお勧めします。


今回は個人様所有の画賛です。  


一般的な裏打ちと言いますと、下の画像のような感じで

本紙より一回り大きな和紙を裏打ちして、その後本紙の端を化粧断ちしてから

掛軸への表装や額装を行います。



ですが今回、和紙の風合いを生かして欲しいとのリクエストを頂きました。

確かに手漉きの和紙や製造工程で形成されたミミの部分には雰囲気がありますね。



五番館での裏打ちを施しました。

何も変わっていないように見えますが、しっかりと裏打ちされています。



表側です。



裏側です。



別の場所の表側です。

四辺のギリギリまで裏打ちを施す事によって、本紙の補強をしつつ

和紙のミミの部分の風合いを生かしてあります。




今回は少し特殊な作業になりました。

裏打ち作業は作品にシワを入れずに行う事が重要ですが、

個人で行うには少し難しい作業でもあります。



裏打ち、表装、額装に関する事は、メールやお電話でお気軽にお問い合わせください。



表装、額装、修復の五番館


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com


五番館 - GOBANKAN -

掛軸 額 巻物 表装 額装 修復

0コメント

  • 1000 / 1000