桐箱について

こんにちは。五番館の池田です。


今回は掛軸を収納する際の、桐箱についてご案内します。


五番館では厳選された高品質な桐箱をご用意しています。



桐箱は桐たんすに代表されるように、収納される物の保存性に大変優れています。

もちろん桐箱に入っているから大丈夫。と何年も入れたまま...という訳にはいきませんが、

紙箱や布袋に包んだ状態での収納とは比べ物になりません。


五番館へ修復のご依頼を頂く古い掛軸で、状態の良い物は殆どが桐箱に収納されています。



敷き紙を敷き、掛軸を収納します。

五番館では桐箱に入っている限り、防虫香などは不要と考えておりますが、

お好みにより入れて頂いても大丈夫です。



精度の高いものでなければ意味がありません。



五番館の桐箱は全て天柾(蓋の天板が柾目の木材を使用している)です。

ちょっと高級品になりますが、三方柾と言って天と左右の板の目を柾目にしたものも

ご用意出来ます。



※タトウとは

畳紙のことで、桐箱を包むケースのような役目を果たします。

キズや汚れからも保護します。



納経軸の表装をご依頼頂き、桐箱をご用意させて頂いた場合、無料で箱書きをいたします。



桐箱は大きさにもより価格が変わってきます。

一般的な大きさでおおよそ数千円〜1万円程ではないでしょうか。


お気軽にお問い合わせ下さい。




掛軸、表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com 

五番館 - GOBANKAN -

掛軸 額 巻物 表装 額装 修復

0コメント

  • 1000 / 1000