掛軸表装 達磨(だるま)笹渡り 染み抜き

こんにちは。五番館も池田です。 


今回は掛軸の修理でよくご依頼を頂く「シミ抜き(染み抜き)」について

ご紹介をしたいと思います。


まず今回の本紙の状態ですが、仮の掛軸「仮巻き表装」ですね。

仮巻き掛軸に糊で少し留めてあるのみです。



画の構図は不敵な笑みを浮かべた(?)達磨さんが笹に乗って川を渡っているという

私の感覚にはドンピシャな画です。



ただし、長らく保管されていたのかシミが大量に発生しています。



シミの主な原因は微細なホコリや菌などが付着したまま、悪い条件が整ってしまい

カビが活動を初めてしまうと茶色の変色となります。

原因が原料に含まれている場合もありますので、やはり虫干しなどの予防を

毎シーズンごとにしっかり行う事が大切ですね。



状態としては中程度のシミでしょうか。

これを更に放置してしまうと穴が開いてしまいます。



とりあえず作品保護のため和紙で裏打ちを施しました。

プールで染み抜き作業を行っていきます。



非常に細かい作業なのですが、専用薬液をシミの一つ一つに塗布していきます。



他の作業に比べてとても時間がかかるシーンですね。




このシミがどれほど消えるのか・・・

次回に続きます。



表装、額装、修復の五番館

五番館ではご予算に応じた表装、修復を承っております。

表装、再表装に関することはメールやお電話でお気軽にお問い合わせください。


工房、事務所の所在地

〒500-8384 岐阜県岐阜市薮田南5-16-28

TEL 058-272-0005

E-mail 5@gobankan.com(@は半角に変換して下さい)



五番館 - GOBANKAN -

掛軸 / 額 / 巻物 / 修復

0コメント

  • 1000 / 1000